創作少女配置担当
【グッズの販売実績・予定】
「スタッフから、グッズ系は配置データに販売予定・実績は書かなくて良いと言われました」とのご意見が、またありました。申し訳ありませんが、当日の参加登録カード及び見本誌提出との勘違いと思われます。配置データにはちゃんと記入してください。
【べニスでコミケが】
ヴィエンナーレの件について、「べニスでコミケが開かれたとのアンケートがありました。別にコミケットが開催されたわけではなく、あくまで展示です。コミケの箱庭と同人誌、当日風景の写真などがコミケの出展物でした。写真美術館で行われた凱旋公開をご覧になった方も多いと思います。いかがでしたでしょうか?
【一言コーナー】
「CD-ROMカタログにも一言コーナーを載せてほしい」とのご意見がありました。代わりにコミケットのWebで掲載しています。ぜひ一度ご覧ください。アドレスはhttp://www.comiket.co.jp/ です。TOPから「コミックマーケット申込サークルサポートページ」→「配置担当者より一言(バックナンバー) 」へ行って下さい。これまでの一言も載っていますので、皆様の申し込み等の参考になれば何よりです。
【活動概要の書き方】
「活動概要がわかりにくくて落選になるか?」とのご質問がありました。ジャンルによりますので、創作少女に限ってお答えします。創作少女では、一人一ジャンルと言われるほど多様ですので、よほど極端に変でない限り落選理由とはしていません。配置の参考になりますので、がしがし書いてください。
【プレスの原稿】
「コミケットプレスにイラストを載せてみたいです」とのご意見がありました。プレスでは皆様の原稿を募集しております。プレス奥付の募集要領を参照の上、どんどんご投稿ください。
【連続抽選漏れ救済】
「夏だけ申し込みをしているが、連続抽選漏れの救済の強化を」とのご要望がありました。そういった方のために前々回受付番号の記入をお願いしています。これは以前前回受付番号だけだったのを、夏だけ冬だけといった申し込みをされる方の救済に配慮するため、記入事項を増やしたものです。この記入欄を活用し、ちゃんと記入してください。 また、「連続抽選漏れ救済になる」とおっしゃる方へ。何度も書いていますが、前回及び前々回受付番号はちゃんと書きましょう。書いてないと過去の申し込み履歴の調査が出来ないので、救済できません。ジャンルが変わったからと記入しないことがあるようですが、ジャンルは関係ないので記入下さい。
【書類不備】
前回プレスで配置の当落に関する記事が載ったせいで、書類不備に関することが多くアンケートに書かれました。前にいつも買っているサークルが連没になっても贔屓するわけにも行かないくらい抽選がきついと書いたことがありますが、そういったサークルの中に書類不備のため配置担当者まで回ってこないサークルがあります。 配置ということをやっている以上、このジャンルに好きなサークルはいっぱいありますし、贔屓を出来ない立場のため救うことも出来ず悶々としています。確かに書類不備で落ちるのは(落選した場合)自分で落としたと思うより気は楽ですが、抽選にすらかからないのはさすがにもったいないと思っています。 知人経由であまりに落ちると相談を受け、申込書を見せてもらったらちょっとした勘違いをしていて、それを指摘してもらったところ普通に当落するようになったと経過を教えてもらったことがあります。 以前このコーナーの別の話での例えにしたのですが、当たり前と思ってやっていると自分では気づけないことも多いです。余計なアドバイスでしょうが、人に見てもらうのも一手だと思います。少しでも抽選にもかからないで落ちるもったいないサークルが減ることを願います。
【商業誌の持ちこみ】
「自分の描いた商業誌を飾っている人がいる。商業を持ちこむ考えに苦しむ。」というご意見がありました。商業品の販売は禁止しておりますので、コミケの場での売買はできません。ですが、ディスプレイに関しては特段何も言っていません。 受け取り方なのでしょうが、いつも読んでくれている同人誌の読者への報告・応援のお礼(ついでに宣伝)といった意味合いだと思いますし、それはあっても良いのかなと思います。むしろ同人誌からステップアップしたと感じる人にとっては、そう言うお知らせは結構重要なのかなと思います。実際にやっている方、いかがでしょうか?
【カットについて】
創作少女は創作ジャンルですので他ジャンルのキャラのカットを書くのはお避け下さい。「○○もあります」として小さく書いてあるのならいざ知らず、「○○あります」と堂々とその絵だけ描かれるのはちょっと遠慮してください。著しく不利になります。 私が読んでいなかった作品については気づくことが出来ず、ずいぶん落とし漏れがあるよと指摘もされました。いまだにチェック漏れはあると思いますが勉強はしているつもりです。これならわかるまい、なんて変な挑戦心を起こさないでちゃんと創作のカットを描いてください。
【シャッターと安全対策】
冬コミケについて「シャッターが全開。寒いから半分閉めてほしい。」とのご意見がありました。シャッターというものは、構造的に中間点ではロックがかかっていません。半分閉める(=途中で止める)ということは、いつ落ちて事故になっても仕方が無いということです。海風の強い場所ですのでシャッターが外れて落ちる危険性もかなり高いです。 あの大きさのシャッターですので、重さも尋常ではありません。落ちてきたら、下にいた人の体が真っ二つになる位の重さです。そんな危険なことは出来ませんので、半分閉めるということはしていませんし、開閉時も原則スタッフを付けて人が通らないようにしています。 冬は寒い所を申し訳ありませんが防寒対策に気を使うなどしていただければと思います。 コミケットの安全な運営にご理解とご協力をお願いいたします。
【動物配置】
「配置担当に(犬)も居るのでしょうか」とのご質問をいただきました。すいません、(猫)と(兎)で動物をやってます。(犬)はいません。(兎)は兎のようにおとなしいので、こういうところで書きたがりません。以下、(猫)よりコメントです。 犬に関しては特に周辺に識者が多く、びくびくしながら配置しています。今回はいかがでしたでしょうか? また、今回あって驚いたのは、犬の服のサークル。粗仕分けのときに、一瞬間違って「服飾」に入れそうになりました。こういうサークルもあるようになったのだなぁと、層の広がりを再認識しました。
【撮影会による混雑】
「ゴスロリ・ドールのサークルで写真撮影をするため、混雑を誘発している。」というアンケート回答がありました。会場内での記念撮影に関しては言っていませんが、混雑する形での撮影会はお断りしております。 準備会としてもあまりうるさく言いたくは無いので、むしろサークルさんの方から撮影する方に声をかけて考慮してもらってください。苦情が来るようでしたら、それなりの対応をしなくてはならなくなってしまいます。そうなる前にサークルさんの自主的な判断と対応を望みます。
【夢に出る】
「プレス」の「人として」のコーナーでの配置担当の感想で、「私なら作業期間中夢に出てきそうというものがありました。いや、出てきますけど。まじで。終わらない恐怖で目がさめるのが……。
【漫画系とアイテム系】
「漫画系サークルとアイテム系サークルを分離できないか。冬は漫画サークルの数が少なかったので。」というご意見がありました。2日間開催でパイが小さくなったのだから、(切り分ける数が変わらない以上)切り分けたピースが小さくなるのは、当たり前なのですが。 配置数は、ジャンル内ジャンルでも細分化した数で割合を決めて(抽選して)いるので、ジャンルを分離してもそう変わりません
【創作少女は漫画ジャンル】
「創作少女には、少女漫画も含まれるのでしょうか?」とのご質問がありました。前にも書きましたが、当然創作少女は漫画ジャンルです。コミケットは漫画同人誌即売会であり、漫画であるのは書くまでもないことです。他のジャンルでも、漫画を補足に入れている例はありません。 それ以外のものに対して、行き先がわからないであろうサークルに対して補足で誘導しています。又、そのこと自体はジャンルの多様性を増し、可能性を広げることと思っています。
【簡単料理】
簡単料理に御返事をいただきましたので、その中から1点。「日の丸弁当+花かつお(お好みでしょうゆとマヨネーズ)」。その昔「ひがみちゃんjam」(ぬまじりよしみ 花とゆめ 白泉社 コミックス82・3年 雑誌掲載それ以前)でやった、ねこまんまのバリエーションを思い出してしまいました。 当時はコンビニなんか無いので自炊が前提でしたが、学生の手間と金を省いた知恵には、近親感で苦笑いをしたものでした。時代は移れど、基本は変わらない。こんなところでも感じてしまいました。配置担当者の食生活を潤す簡単料理、まだまだ募集中です。
【想い】
今回の最後に、いただいたこんな感想から。「コミケ数日前に祖母が他界。昔参加していたイベントでひょっこり現れた祖母は同人誌を買って誉めてくれた。祖母が居るような気がして会場で一寸泣いた」。私にとっても、昨年亡くなった岩田さんを例に挙げなくても、病気や事故で若くして亡くなってしまったスタッフ達がいます。 一週間前に一緒に列を並べた相手の葬式に出たときはさすがに沈みました。やっぱり皆そこにいて見てくれているような気がして、無様な真似は出来ないと気を引き締めて、そしていつか「お前達とやったコミケは、こんなにすごくなったぞ」と向こうで笑って飲めるときが来ることを夢見つつ、がんばらねばと気合を入れています。